現役東大生が教える実践「株」トレード攻略法 |株式投資サークルInfinity

現役東大生が教える実践「株」トレード攻略法現役東大生が教える実践「株」トレード攻略法
株式投資サークルInfinity
秀和システム 刊
発売日 2007-03
価格:¥1,575(税込)




さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/6/9に作成しました。
posted by 外為情報館 at 21:00| 外為システムトレード

DVD 為替の戦略セミナー「システムトレードの基礎」 |成田 博之

DVD 為替の戦略セミナー「システムトレードの基礎」DVD 為替の戦略セミナー「システムトレードの基礎」
成田 博之
パンローリング 刊
発売日 2005-08-10
価格:¥3,990(税込)




さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/6/9に作成しました。
posted by 外為情報館 at 21:00| 外為システムトレード

まんがでわかるネット株入門―パソコンの選び方からネットトレードまで |松本 大 /くまの 歩 /すがや みつる

まんがでわかるネット株入門―パソコンの選び方からネットトレードまで
松本 大 /くまの 歩 /すがや みつる
ジャストシステム 刊
発売日 2000-04
価格:¥998(税込)



そんなにバカにしないで。 2000-11-22
皆さんも少しはご経験あると思うのですが、 子供の頃、マンガを読んでいると、「あんた!たまには ちゃんとした本も読みなさい!!」と一度は言われたことがあるのでは? しかし、そんなマンガでもこの本のようにたのしく学べることがあるのです。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/6/9に作成しました。
posted by 外為情報館 at 21:00| 外為システムトレード

DVD 短期システムトレード |柳谷 雅之

DVD 短期システムトレードDVD 短期システムトレード
柳谷 雅之
パンローリング 刊
発売日 2006-05-31
価格:¥3,990(税込)




さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/6/9に作成しました。
posted by 外為情報館 at 21:00| 外為システムトレード

システムデイトレード |マレー・ルジェーロ

システムデイトレードシステムデイトレード
マレー・ルジェーロ
パンローリング 刊
発売日 2006-07-13
価格:¥5,040(税込)



システム開発のプロによるスーパートレーダーの投資技法 2006-08-21
著者のマレー・ルジェーロは、日本ではあまり知られていませんが、

システムトレードに関する著作などもあり、米国の雑誌「Futures」など

にも記事を執筆している方です。トレーディングシステムの開発者

として非常に知られた方です。



そのシステム開発のプロが、ラリー・ウイリアムズ、シェルダン・ナイト、

トビー・クレイベルという3人の優れたトレーダーの手法を解説した本です。

本書で紹介されている「オープニング・レンジ・ブレイクアウト=ORB」

という手法は、寄り付きからの動きを元にトレードを行うという方法論です。



実際にこの方法論を実例で検証している点が特徴です。プロによるプロの

手法の解説であり、売買の手法に関する本の中では出色の1冊と言えるでしょう。

最近は「3年でX億円稼いだ投資法!」みたいな本が溢れていますが、

大半はきっちりした検証などはなされておらず(だからその方法論が

有効でないというつもりはないですが)、今後も実際のトレードで

どの程度使えるのかが不透明です。



本書のようにきちんと検証された手法であれば、

「1年で100万円を1億円」にはできないかもしれませんが、

トレードごとのリスクがどの程度で、リスクに対してどの程度の

リターンが見込めるか、といったことが理解できます。



きっちりした方法論を固めて、トレード手法の構築をしたいと考えている

投資家の方には絶好の教材となります。




さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/6/9に作成しました。
posted by 外為情報館 at 21:00| 外為システムトレード

クォータリー〈あっと〉 (3号) |オルター・トレード・ジャパン 編集室パラグラフ

クォータリー〈あっと〉 (3号)クォータリー〈あっと〉 (3号)
オルター・トレード・ジャパン 編集室パラグラフ
太田出版 刊
発売日 2006-03
価格:¥998(税込)



これぞ現代『カムイ伝』の悲惨 2006-04-22
同誌巻頭の特集「コーヒーの世界システムと対抗運動」の柱記事「コーヒーの価格形成と協同組合・小農民」(辻村英之執筆)が、コーヒー生産農家、特にタンザニアなどの少生産民の悲惨を伝えて透徹している。

巨大なプランテーション化に成功しているブラジルと、タンザニアなどのその地理的制約からも少生産にとどまる地域では、生産者としての自己の「再生産」(生きていけると言うこと)の最低ラインが大きく異なる。ブラジルは1ポンド50セントでやっていけるが、小農民は150セントを超えて初めて糊口をしのげるというのだ。こうした状況を取り巻くニューヨーク先物市場による価格形成、そして国内ではメジャーによるカルテルと子会社を使った競売操作。どこが「市場主義」じゃい!!

いま折りしも、『カムイ伝』が新装復刊して毎月発行されているが、江戸時代中期に苦闘した農民たちの姿が重なってくるではないか!

格差の拡大が漸くにしてあちこちで論じられているが、「南北問題」という今は昔の議論が、決してアクチュアルな意味を失っていないことを本誌は教えてくれる。地球の裏の話である。しかしグローバルな経済世界では、小農民たちは以前にも増して隣人である。しかも、巨大なプランテーションによるコスト削減を志向する経済主義は、高地での温度差の大きい生産地を嫌うため味や香りは著しく劣化していると言うのだ。

いわば、我々消費者はまずいコーヒーを飲んで、隣人を苦しめているということになる。

メジャーに買い叩かれた小農民は、離農や出稼ぎ、生産現場の荒廃による地域医療や教育機関の崩壊にさらされている。完全に正義に悖る事態であり、コーヒー好きの一人として、彼らへの連帯を表明したい。




さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/6/9に作成しました。
posted by 外為情報館 at 21:00| 外為システムトレード

株システムトレードへの招待状 増補版 (売買システム4つセットCD-R付) |沢神 秀

株システムトレードへの招待状 増補版 (売買システム4つセットCD-R付)株システムトレードへの招待状 増補版 (売買システム4つセットCD-R付)
沢神 秀
MDDリサーチ 刊
発売日 2007-04-16
価格:¥9,975(税込)




使えます。 2007-05-27
確かに有効な売買システムであり、実際にエクセルで証明されている。しかし、この本が世に出てしまうことでその優位性が崩れてしまうことはないのか?と思いました。

さらにこのシステムを進化させれば問題ないか。とも思いました。



結局は読者自身がこの優位な土台からどう発展させていくかが重要なポイントであると思います。

検証はどんな偉い人が示しても、最後は自分で検証して結果を見てみる「自証主義」で行くべきだと思ってます。

客観的に優位さを示しています。 2007-04-27
システムトレードは以前から興味はあったのですが、

難解そうで手をつけられませんでした。

今回はこの本を読んで統計上のゆがみを見つけて、

その差を取る投資法が分かりました。

分かりやすかったです。

確率的優位さをエクセルファイルで示しています。

おそらく誰が見ても客観的に納得させられるものだと思います。



運から確率的優位の領域へ 2007-04-25
本書では、投資のプロであるファンドマネージャーの実績は日経平均とほぼ一緒だという。

猿がランダムに株を買っても、成績は日経平均とほぼ一緒。

各投資家はどんなに努力をしても日経平均が上がるか下がるか「運」に身を任せているらしい。

この運の勝負を「確率的優位」の領域に持ち込むという。

実際、単利で10年間平均+38%を超えるシステムを紹介している。

データ上の計算なので手数料と税金は引かれていない、実際はもう少し成績が下がるので注意が必要だが。

長期バリュー投資でうまくいかない人や手法が定まらない人が読めば、システムトレードに引き込まれるであろうオススメの一冊。

価値はある。 2007-04-20
投資は、動揺せずにただ機械的にやるのが重要なことなのですが、この本はその方法が詳しく解説されています。

この本の内容を身に付けるだけの価値はあると思います。株で勝ち続ける1割の勝者がどこにひそんでいるのかが分かります。



特にシステムトレードが何かを知らない人などは試したほうがいいでしょう。実際に検証を自分でしてみて初めて納得する、自分の腹に落ちるというものです。

ただ、本の厚さは思ったより薄いです。期待しないほうがいいでしょう。もっと量があればいいのですが。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/6/9に作成しました。
posted by 外為情報館 at 21:00| 外為システムトレード

フェアトレード―格差を生まない経済システム |ジョセフ・スティグリッツ /アンドリュー・チャールトン

フェアトレード―格差を生まない経済システムフェアトレード―格差を生まない経済システム
ジョセフ・スティグリッツ /アンドリュー・チャールトン
日本経済新聞出版社 刊
発売日 2007-03
価格:¥2,310(税込)




学部生レベルではちょっと難しいか 2007-04-23
本書は「過去の貿易協定の影響に関する理論的研究、実証的研究のレビュー」(まえがきより)

という位置づけで書かれており、多くの論文を引用しながら詳細に分析されている。

現在の制度がいかに先進国有利に展開し、途上国に対して不利な扱いになっているか、

今後どのようにすれば問題が解消できるかをいろんな角度から検証している。



ここまでは理解できたが、貿易に関する入門書としては少し難しかった。

貿易協定の歴史的経緯、基礎的な経済学の学習を行った上で読んだ方がよい。



また、タイトルから途上国から適正な値段で商品を購入するという意味での

“フェアトレード”を類推してしまうが、実は直接の関係はない。

正統なる貿易、通商問題についての学術的な内容の書籍である。

中級から上級者向けの本であると感じた。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/6/9に作成しました。
posted by 外為情報館 at 21:00| 外為システムトレード

1日5分で超カンタン!“株&日経225”システムトレードで大儲けする本 |いちのみや あいこ

1日5分で超カンタン!“株&日経225”システムトレードで大儲けする本1日5分で超カンタン!“株&日経225”システムトレードで大儲けする本
いちのみや あいこ
扶桑社 刊
発売日 2006-10
価格:¥1,575(税込)




システムトレード導入にはいいかも? 2007-01-14
ぱっと見ただけだが、長ったらしい話を省略してシステムの概要を解析するにはCDに入っているEXCELシートを解析するだけですむ。まあいたって単純なシステムである。

システム的には所詮本で安価で売り出す程度の内容だがシステムトレード初心者には、こういう考え方もあるんだなと思える内容でいいのではないかと思う。システム上級者でも本書から得られるヒント的なものはあると思われるので(ラージの1回の手数料ぐらいなので)買っても損はないと思う。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/6/9に作成しました。
posted by 外為情報館 at 21:00| 外為システムトレード

高田式日経225先物システムトレード連勝法 |高田 智也

高田式日経225先物システムトレード連勝法高田式日経225先物システムトレード連勝法
高田 智也
日本実業出版社 刊
発売日 2007-03
価格:¥2,100(税込)




お好きな方はどうぞ 2007-04-06
システムはアイデアから・・・でもこれはデータに基づいた最適化の検証

だと思うな。基本的にパラメーターいじりの最適化で出来たシステムは

「昨日までにやることを今日やる」わけだから自分的にはあんまり興味を

そそられる内容では無かったな。

勝てば官軍なんで否定はしませんしお金が残せれば勝ちなので、こう言う

検証がお好きな方はどうぞ。



225先物の学習には最高 2007-04-04
225の学習にはこれ以上の書籍はないでしょう。

今までのような説明だけの本ではなく、

自分の手で検証された稀有な書籍だと思います。

ただ、彼の一番の魅力である文章が少ないと感じました。

そういう本でないのは分かりますが。

もう少しのサービスが欲しかったです。



宝物 2007-03-27
他には類を見ないしこのような本を書くことが出来るのは、やはりこの著者以外には私は知りません。

この本が世に出てしまうこと事態がもったいないのでは…

とさえ思ってしまいます。

しかしながらこの本の内容をこの著者の一言一言から何を感じ取り、何をどう修正していくのかを知り、どう行動できるかが最大のポイントであると思います。

一度読んだだけでは著者の本質に触れることは難しいでしょう。

本気でトレーダーを目指しているのであれば、何度も何度もこの本を読み返し著者が一番大切と考える「検証」を死に物狂いでやる。

この本の内容を本当に理解できるようになれば、この本の中にあるたくさんの宝物に気がつくことができたなら、きっと著者に一歩でも近づけるようなトレーダーになれるのではないでしょうか。




さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/6/9に作成しました。
posted by 外為情報館 at 21:00| 外為システムトレード

株 勝率80%の逆張りシステムトレード術 |斉藤 正章

株 勝率80%の逆張りシステムトレード術株 勝率80%の逆張りシステムトレード術
斉藤 正章
日本実業出版社 刊
発売日 2006-07-06
価格:¥1,575(税込)




システムの有効性の検証はDVD・セミナーで報告されています。 2006-08-01
著者の主催するセミナーや、それをDVD化したものも市販されています。タイトルは3つ。DVDは合計で6枚あります。どなたでも購入することができます。このDVDに詳しくこのシステム売買の損益結果やシステムの有効性・方法などが詳しく載っています。私はDVDを購入後、この書籍を購入しました。この書籍にも、検証結果が一部書かれています。これをみる人が見ると重要なこと書かれていることがすぐ理解できると思いました。こんな大事なこと、秘密にしておきたいことを書いたりすると、本当に大丈夫かなとも思います。高い料金のセミナーやDVDが売れなくなるのではないでしょうか。この書籍の検証結果はとても重要です。

感動しました! 2006-07-28
 今までたくさんの株に関する本を読みましたが

斉藤 正章先生の「勝率80%の逆張りシステムトレード術」

が一番勉強になりました。



売買ルールをここまで明確に公開してしまって大丈夫

なのでしょうか!?と思うくらい惜しみなくこの本に

はたくさんの内容が詰まっていました。



この手法を広めて欲しくないので、この本はあまり売れて

欲しくないですね。

株式投資で勝利する根拠 2006-07-28
今まで株式投資とは、さまざまな相場に関する知識を仕入れ、実践し、

長年の勘も加えて「達観」した上で、勝てるようになるものだと思って

いました。



しかし、斉藤さんのこの投資法は、そんな曖昧なスキルを苦労して

身につけるのではなく、単純に統計的な手法です。

最初この方法を知ったとき、私は体の中の血が逆流するのを感じました。



投資の方法としては、「2つの条件」を見るだけです。

勝つ根拠も明快です。

ですから、誰でもできると思います。



ただし、氣をつけなければいけないのは、投資はメンタルな部分も

大きく関わってくるということです。

そこを氣をつけるなら、この本は比類なく有用だと思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/6/9に作成しました。
posted by 外為情報館 at 21:00| 外為システムトレード

FXシステムトレード 年率120%儲ける投資術 |池田 悟

FXシステムトレード 年率120%儲ける投資術FXシステムトレード 年率120%儲ける投資術
池田 悟
日本実業出版社 刊
発売日 2006-05-24
価格:¥1,680(税込)




こういうやり方もあるか 2006-09-18
こういうやり方もあるか、という参考にはなりました。

ただ、私にはむかないかなあといったところです。

FXをやっているがうまくいかない、とか、ほかの方法を模索されている方は一読されてもいいかと思います。 

著者もいっていますが、初心者向けの本ではありませんので、初心者の方はまず入門書を読まれることをお勧めします。

システムトレードはどうか 2006-09-17
 FXについては、様々な本が出ているし、かなり大げさなキャッチを付けたものも多いようです。

この本はその点、地道にシステムトレードを使った投資技術に関して書いています。

私自身は、自分にあわないと思ったので、採用をやめました。

これは、純粋に好みの問題で、私の好みでなかったということで、決してシステムトレードが悪いということではありません。

それどころか、確実に儲けるためにはかなり、いい方法だと思います。

 ただし、エクセルに関しては、簡単な知識さえあればいいと書いてあったが、私には難しく思え、このシステムをつくるのはちょっと無理だなと思いました。

FX投資をする際は読んでおきたい一冊です。 2006-08-27
最近、FXが注目を浴びていますが、ただ個人的な予想や勘に頼っているだけでは、なかなか収益を上げることは難しいと感じていました。



投資に対する考え方や知識をしっかり学べる本書はとても参考になりました。そして実践的な内容であることもよかったです。



スワップ狙いで行き詰まりを感じている人にはぜひ 2006-07-30
去年私はFXをはじめて、ニュージーランドドルのおかげでかなりのお小遣いが入りました。

さあ今年もと意気込んでいたのですが、今年はサッパリです。

他にどんなやり方をしていいかわからず、しばらくお休みしようか考えていた頃、この本と出合いました。

システムトレードというのはすごく新鮮な感じがして、なんか先行きがすごく明るくなったように思いました。

簡単なエクセルの知識だけでもなんとかなりそうなので、私にもできるかも。

スワップ狙いで行き詰まりを感じている人にぜひ読んで欲しいです。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/6/9に作成しました。
posted by 外為情報館 at 21:00| 外為システムトレード

自動売買ロボット作成マニュアル~エクセルで理想のシステムトレード |森田佳佑

自動売買ロボット作成マニュアル~エクセルで理想のシステムトレード自動売買ロボット作成マニュアル~エクセルで理想のシステムトレード
森田佳佑
パンローリング 刊
発売日 2006-09-14
価格:¥2,940(税込)




自分好みのシステムをつくる初めの一歩向きです。 2007-05-01
第一章から順々にコードを記述していくように解説しているため、とても分かりやすくまとまっています(確かにコードを記述したことのない人には初めは取っ掛かりがつかめないと思います)。EXCEL2000でプログラミングしましたがデータの取り込みやグラフ作成はできました(現在、このシステムで売買していますので問題ないと思います)。資金管理グラフなどまだまだ改良する必要はありますが、資金管理やバックデータのテストまで広く書かれた一冊だと思います(一日2時間程度打ち込み続けて、2週間もあれば完成しました。かなりしんどいので自分でEXCELでシステムを作ると決意された人向きだと思います)。本書の内容をさらに発展(自分用にカスタマイズ)させるにはEXCELの学習は必須です。

自分で分析したい人には最適 2007-04-26
コンピュータが苦手な人には難しいと思いますが、

ある程度チャレンジする気持ちのある人には良書だと思います。

ある程度応用ができるように、説明も親切に書かれているので、

繰り返し読むことによって、自分のアイデアを試したりできるように

なると思います。

ただ、その為には少しばかり学習する忍耐が必要です。



これを元にして色々できますよ。 2007-03-07
株価データの取得から分析、売買まで行えるVBAを組めます。

データテーブルの取得、指標分析などなど、結構参考にしています。

なにより、VBAを書く、という初体験を本格的にさせていただいたのですが、感覚的に覚えていくことができるので、とてもいいのではないでしょうか?

ただ、コード丸写しではうまく動かないときもありましたが。

ご自身で分析したい方はどーぞ

エクセルで理想のシステムトレード? 2007-02-27
難易度はプログラマーでない限りかなり高で、かなり充実した内容です。本書を理解するには十分な時間と忍耐力が要求されます。肝心な苦労が報われるかがポイントとなりますが、個人的にはエクセルで本格的なバックテストを行うのは手間がかかりすぎて現実的ではないという結論に達しました。さらに具合の悪い事に、複雑なマクロを持ったエクセルファイルは大変大きな容量となり、動作が重たくとても検証向きとは思えません。それ用のソフトを購入した方が先行き得すると思います。内容的に残念なのは、第5章の”3本足の高値安値”のマクロに関して、現実的には成り立たない検証であり、既に判っている値動きに対して売買するという内容であるため、ここでバックテストをして、最終章で自動売買をするという流れに繋がりがありません。苦労して理解したのに実際には役にたたないの?というかなり悲しい気分にさせられます。VBA,自動売買の学習用には非常に良いと思います。これをたたき台として発展させる事も可能ですので、エクセルが合っている方にはもってこいですね。

内容は良い、しかし解説が・・・ 2007-01-29
Excelの機能をVBAによってフル活用してシステムトレードができる優れた本です。過去に類似品が見当たらないので興味がある人は買ってもいいと思います。

しかし、プログラム経験0の人にはキツイと思います。VBAの入門書を一度目を通してからやらないと難しいと思います。そのため星4つ。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/6/9に作成しました。
posted by 外為情報館 at 21:00| 外為システムトレード

システムトレード入門セミナー初歩編 VHS

システムトレード入門セミナー初歩編  VHSシステムトレード入門セミナー初歩編 VHS

パンローリング 刊
発売日 2003-03
価格:¥29,400(税込)





さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/6/9に作成しました。
posted by 外為情報館 at 21:00| 外為システムトレード